お問い合わせ

技術開発品紹介

BACK PAGE

ケーブル保護管防護金具

特許登録第6506727号】 電線等のケーブルを収容する保護管は、一般的にFEP管(波付硬質ポリエチレン管)が用いられるため、耐火性の面で問題がありました。本製品は管と連結バンドの分離構造としたFEP管を覆う防護金具であり、屈曲部分への対応と耐火性に優れた構造を実現しました。

軌間可変式トロ

実用新案登録第3208212号】 レールの幅は鉄道会社や路線により異なります。従来、線路上に載せて材料等を運搬するトロには、車輪幅が変更可能な製品はありましたが、組み立てや調整に時間を要するという欠点がありました。本製品は車輪幅の変更をスライド構造に改良することで、容易かつ短時間での設定を可能としました。

軌陸車絶縁測定補助装置

実用新案登録第3214084号】 従来、軌陸車の始業前点検では、絶縁抵抗計で車輪等の絶縁状態を確認する際、車体下部に潜らなければならず危険が伴いました。本製品は導通判断部と接続切替部の機能を有する測定補助装置であり、絶縁抵抗計と測定箇所との間に接続することで危険作業を回避するとともに、手許で容易に測定することを可能としました。

特殊信号発光機用防護カバー

実用新案登録第3229589号】 列車に緊急停止を知らせる特殊信号発光機は、使用開始前の試験の際、防護カバーの着脱作業が伴います。設置箇所が高所のため墜落事故の危険が伴い、着脱の作業に時間を要していました。本製品はカバーを蛇腹状の筒体構造とし、伸縮する専用の設置具を使用することで、安全かつ短時間での着脱を可能としました。

高圧ケーブル絶縁体剥ぎ取り工具

高圧ケーブルの端部には端末処理が必要です。通常、電工ナイフ等により作業を行いますが、作業員の経験や技量による品質の違いに課題がありました。本製品は端末処理の重要な工程である絶縁体の剥ぎ取り工具であり、均一で高品質な施工が可能となりました。

アンカー名人

特許登録第5702417号】 アンカー名人は、あと施工アンカーボルトを設置する際、施工面に対して垂直かつ正確な位置へ打設できる補助金具であり、作業員の熟練度に依らず安定した品質を提供することが可能です。また、本製品に集塵パイプを取り付けることで穿孔時に発生する粉塵飛散も防止でき、健康面や環境面にも優れた製品となっています。

ロック機構を有する通行止遮断機

実用新案登録第3225544号】 従来、高速道路等の入り口において通行止めを行う遮断バーは、先端部を支柱に固定する門型遮断機を使用していたため、道路の形状によっては設置が困難な場合がありました。本製品は遮断バーの稼働部分にロック機構を設けることで先端部の固定が不要となり、あらゆる形状の道路へ設置可能としました。

逆光対策標識板

朝方や夕方、東西方向へ延びる道路では、太陽を正面にして走行することがあり、逆光で標識の文字が判読できない場合があります。逆光対策標識板は文字部分に小さな穴をあけ、背面から射す太陽光を通過させることで逆光時でも文字の判読を可能とし、ドライバーの視認性と安全性の向上に役立っています。

歩行者案内標識

実用新案登録第3221591号】 従来の歩行者案内標識は、案内先の表示面と支柱に固定するためのフレーム枠が一体で制作されていたため、交換の際は全ての部品を取り外す必要がありました。本製品は表示面とフレーム枠を分離し、更にフレーム枠をスライド構造にすることで、案内先の文字数に左右されず、表示面のみの交換を可能としました。

NRクライミングデリック

特許登録第6910110号】 NRクライミングデリックは、クレーン車等の大型機械が搬入困難な現場用に開発した小型の鉄塔組立装置です。分解して運搬が可能であるとともに、鉄塔敷地外へ固定する支線も不要であることから、市街地や山岳地といった狭隘地での施工において、安全性や効率性を発揮する製品となっています。