お問い合わせ

東日本旅客鉄道株式会社 様

2011年3月11日に発生した東日本大震災により、東北地方沿岸部を走るJR気仙沼線 や大船渡線は、津波被害により駅や線路などのあらゆる施設が流失し不通となりました。復興過程において、市民の足を確保する代替輸送機関の必要性から「BRT(バス高速 輸送システム)」の導入が決定され、道路設備関係の技術を有する当社が、受電設備や一般 車両の誤進入防止ゲート等の施工をいたしました。このたびの施工が、沿線地域の復興に繋がる安全で安定的な輸送サービスの確保に貢献 したとして感謝状を受領いたしました。