よりベストな信号システムを提案し、列車の安全運行を下から支えます。小椋 保 2002年入社

現場を知り尽くすプロの視点から
多様な信号システムを設計

“信号”とひと口に言っても、線路脇に設置された信号機や踏切、線路を切り替える転轍(てんてつ)器に始まり、ATS(自動列車停止装置)のほかにも、ATC(自動列車制御装置)、CTC(列車集中制御装置)など、多種多様なシステムが列車の安全・安定的な運行を支えています。そうした中、私自身はJR東日本の鉄道信号に関する設計・施工業務および材料・外注等の原価管理、大型工事等の会議資料作りなどに携わっています。
信号工事を設計する際は、現場に足を運んで測量し、その結果から図面を作成し、発注元に提出する工事費の積算根拠を作成します。また、設計内容は発注元の計画に基づき進められますが、例えば、当初の信号機設置予定箇所が運転手からは見えにくい、あるいは、信号機の間隔により必要な列車運転時隔が確保できないといった課題が見つかった場合は、列車の性能も含めて設備の検討を行い、よりベストな信号システムを提案します。予算も決まっているため、調整は大変ですが、その分「やりがい」を感じます。

常に自分で考えて行動すると、
視野が俯瞰的に開けてくる。

学生時代はアナログ回路設計などの弱電系を専攻していたことから、鉄道信号の仕事を選択しました。最初の3年間は現場での作業で学生時代に学んだ交流や直流の基礎知識が役立ちましたが、先輩の指示どおりに作業するのが精一杯でした。その時、指導をして頂いた先輩から言われた「常に自分で考えて行動しろ」という言葉がずっと頭の片隅に残っています。「次に何をやればいいのか」「お客様は何を求めているのか」といったことを意識するようになると、仕事の流れが俯瞰的に見えるようになって、仕事の精度が上がってきます。
これまで数多くの信号システムの設計・施工に関わってきましたが、鉄道の信号設備が正常に稼働するたびに、ほっとした気持ちと達成感を感じます。今までの私自身の実務経験の中で一番印象に残っているのは、新座貨物ターミナル駅の信号切替で責任者を務めたことです。新旧の設備を切り替えて、無事に稼働し初列車が定刻に運転した時には本当に感動しました。
我々の職場は議論が活発で、困ったことがあれば上司や仲間に相談できるオープンな雰囲気があり、仕事も自ら進んで取り組める環境が整っています。

ある1日のスケジュール

現場では専門技術に加え、発注元、協力会社、国や自治体の担当者など、多くの人々とのコミュニケーションが求められます。例えば、信号システムの設計時に、我々が提案した予算と発注元の希望に開きが生じる場合もあります。その時は、お互いに課題を共有し、安全性・効率性・経済性の観点からよりベストなシステムをお薦めして納得いただくようにしています。

  1. 07:00起床後、出社準備し、支店へ

  2. 09:00朝礼

    定例部内打合せ

  3. 12:00お昼休み 支店食堂で昼食

  4. 13:00メールの処理やお客様からの問合せの対応

    発注元や協力会社からの要望に耳を傾け、
    よりベストなシステム提案に向けて資料を作成。

  5. 15:00顧客を訪問し工事内容説明、設計変更の打合せ

  6. 17:00打合せ結果をもとに、変更内容書の作成

  7. 18:00退社。今日は部内懇親会!

社員の休日をお見せします!クラブ活動紹介

鉄道電気設備部門の仕事内容

鉄道電気設備部門の先輩

  • 小嶋 孝 2000年入社
  • 酒向 克典 2001年入社
  • 本間 清和 1996年入社
  • 田中 淳一 2002年入社
  • 有川 敦 2002年入社